soejiman blog | 売上を上げる為のインバウンドマーケティングまとめ

サイトUXUI(SEO),メールマーケティング.ソーシャル


google(グーグル)とyahoo(ヤフー)の提携について<モバイルの話>

このエントリーをはてなブックマークに追加

<以下google japanの引用より>


Yahoo! JAPAN のより良い検索と広告サービスのために
2010 年 7月27日
Posted by Daniel Alegre / Vice President, Asia Pacific and Japan

Google が展開するほぼすべてのサービスの中心に位置するのが検索です。Google 検索の人気については広く知られていますが、この検索技術をGoogle がパートナー企業に提供し、彼らが自らの検索サイトでGoogle の検索技術を活用しているということについては、あまり知られていないかも知れません。

2001年から2004年にはヤフー株式会社に対し、Google の検索エンジンを提供していました。そして、本日、ヤフー株式会社に対して再び検索技術をライセンス提供することになったことを発表いたします。今回の非独占的な契約に基づき、ヤフー株式会社(ソフトバンク株式会社の子会社であり、米ヤフーも一部出資しています)は、Google が日本国内で最も速く、最も先進的であると自信を持つ検索技術を利用者に提供できることになります。これに加え、ヤフー株式会社はオークション、ショッピング、知恵袋といったコンテンツをGoogle の日本語の検索結果に加えられるように提供します。これにより、双方のサービスは一層充実し、効果を増大させることができます。

ヤフー株式会社はYahoo! JAPAN のサイト上で、自身のユーザー向けにフィットするように、Google の検索サービスをカスタマイズして検索サービスを提供することが可能です。これはYahoo! JAPAN のサイト上で検索サービスがどのような外観になり、利用者がどのように検索を体験できるかといったことも含まれます。その結果、利用者はYahoo! JAPAN のサイト上で、引き続きGoogle のサイト上とは違う体験をすることができると考えられます。

Google はさらに、ヤフー株式会社に対して、検索連動型広告配信プラットフォームを提供します。すなわち、Google の技術が、ヤフー株式会社による検索連動型広告の提供、ターゲット及びレポートをバックエンドで支えることになります。ヤフー株式会社は引き続き広告の獲得や広告キャンペーンの展開を行います。なお、両社の広告主および広告のデータは完全に分離して保持されます。

両社は検索サービスと広告サービスを展開する事業者としてこれまで通り独立し、顧客や価格に関する情報を共有することなく、引き続き日本の市場において活発に競争していくことになります。今回の取引を通じて、お互いの広告と検索におけるイノベーションにさらに拍車がかかり、その他の企業も巻き込みながらより厳しく競合し、究極的には利用者やパートナー企業にとってより良いサービスがもたらされることを願っています。



さて・・・


⇒再検索技術が提供(つまりバックエンドで、googleのあるごりずむがうごくっつうわけですね)されるということですね。決して、「同じ検索結果」にはならないということはきもに命じておく必要がある。

ただ、色々なコマンドが使えなくなる可能性も秘めて動いていかなければならない。
 1:linkコマンドは使えなくなるようになるかどうか
 2:APIが使えなくなるようになるか

あくまで今の携帯の「goo」対策と「google」対策のようになる。と想定すればいいと思う。


ここからは、モバイルの話

現在日本で勝手サイト(公式以外)の検索エンジンの主流といえば、下記の3つである。
1:goo
2:google
3:yahoo

そのうち、2と3のバックエンドが合体するわけだ。
ちなみに1と2は違う。googleはgooにモバイルの検索技術も提供していないはずだ。
また、yahooPC検索とyahoo mobileはどうやら、異なったDBをお持ちのようなので、
そのデータもgoogleさんに提供なさるのだろうか。

ここに関しては静観していきたい。

おそらく、検索結果が激変する瞬間がくるだろう。

結論:大まかに言って、日本において、1、2の対策を行っていく必要があるということが大事だと想定される。



<想定していること>
1:googleのアルゴリズムがくると「サブドメイン」等で運用している携帯サイトアフィリエイター等は、ある意味吹っ飛んでしまう可能性もある。

2:現状yahoo mobile上で効果的な虚をついたスパミングが少なくなる。

3:ディレクトリ登録はなくならない(yahoo独自の広告収入として)。

4:yahooがデータを提供するとのことで、ディレクトリの被リンク効果は存在すると想定、引き続きやっていくべし。
 (有料リンクの議論はおいておいて)

5:アンカーテキストマッチ概念の増加、サイト内部リンク関連の作りこみがなされていないサイトは順位低下の可能性

6:とある検索結果では同ドメインで2つの結果までしか表示されない可能性
 ⇒無料HPスペース運営者等に関しては、検索からの流入が減るかも知れない

7:携帯でもコンテンツを作りこんだり、常時供給する仕組みが必要。

8:yahoo mobileでもtwitterのリアルタイム検索が見ることが可能で、twitterからの集客の増加の可能性大


とりあえず、@haratakashiさんによると、検索エンジンの移行は年内、アドサーバーの移行は来年だそうなので、そこまでに準備できることは手を打っておきましょう。

しかし、変化は急にくるもんだからね。






~以下、面白いtwitterのつぶやき~

@kimuyanさんの発言
⇒大事ですね。どんな状況にも対応し得る、強い身体を作っておくことはSEOの基本ですね!RT @imadokiseo こんなときにWii Fitで筋トレ完了。

@suzukikさんの発言
⇒Bing、終わったな。南無…








こちらが、ヤフー株式会社発表の資料
http://i.yimg.jp/images/docs/ir/release/2010/jp20100727_2.pdf
Q13: Yahoo! JAPANはソフトバンクモバイル(SBM)にモバイル検索を提供していますが、本件を機に何か変わることはありますか?
A13: いいえ、Yahoo! JAPANはモバイル検索サービス、モバイル広告とも、これまで通りSBMに提供してまいります。

⇒機種にボタンがついていますからね。笑



ここ最近の大きな流れ、潮流まとめ

1:googleからgooへの切り替え
2:yahoo mobileの検索ロジック大変動
3:PCサイドでの検索技術のOEM提供


PS)一部の「ブラックハット」な会社:ワードサラダ、中国や海外掲示板投稿の会社は、淘汰されている可能性を十分に秘めているだろう。この点に関しては、非常に興味深い。そして、よくyahooがこの決断をしたなということに、賞賛したいと思う。

Related posts:

  1. 現状の携帯電話に関する忘却事項まとめ
  2. imenu勝手サイト検索の歴史と最近のトレンドについての見解
  3. matt cuts(google 画像検索)での遊び心。
  4. imenu 検索エンジンに関する考察 その2
  5. imenu 検索エンジンに関する考察 7tips


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

アーカイブ

twitter

Google+