soejiman blog | 売上を上げる為のインバウンドマーケティングまとめ

サイトUXUI(SEO),メールマーケティング.ソーシャル


ホームページ作成の業者比較(更新)

このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOに強いホームページと唄う作成業者は、五万といるようで、
色々調査を兼ねて調べてみました。
※最終更新10月12日


そもそも、WEBで、情報発信をしようとした場合、ホームページはユーザー認知(特に、新規ユーザー確保)としてなくてはならないもので、
私は、「コンテンツがステーブル」とは限らない、facebookページやtwitterが何か代用できるか?という問いには非常に懐疑的なスタンスです。

※タイムリーな話題等に関しては、有効な一手段をして成立すると思う。
※前提のない情報を配信するには、タイムライン型ではなく、ストック型である程度静的コンテンツである必要があるのだと思う。



特にこのホームページ作成業界を調べていると、以下の3点に行きつきます。

 1:契約期間が長い
   5年契約等もあるようです。契約でなくて、リース契約なので、支払わないといけません。

 2:アウトプットが不明瞭
   アプトプットが不明瞭なビジネスは、成果を図りづらく、ページの更新で○円とあったときに、どこまでの更新で○円なのか。
   一つ一つの作業を金額に落とし込みにくいです。

 3:依頼側がプロマネできない or 素人
   何をどれくらいすれば、○円位かかるのかが不明瞭な世界です。
   また成果で測れない部分も非常におおいと思われます。


突き詰めると、ホームページ作成業界は、情報の非対称性が非常に強い業界なんですね。

情報が非対称一例(from大和証券) ※金融も同じ減少がおきてます。大和証券のHPより抜粋



おススメや紹介から、契約が増える業界ですね。
あとはブランドマネジメントが重要だと思われます。


「ホームページ作成」と調べてみたのだが、本当に5万とあるので、色々掲載してみました。

google ホームページ作成検索結果

google ホームページ作成検索結果



※リスティングも非常に激戦になっているようで、googleさん自体も出稿しているのが非常に興味深い。

今回は、目につく業者をピックアップしてみた。




【google 公式ホームページ作成】

ホームページ作成 Google Apps for Business
サイトに行ってみたが、「ホームページ作成」について一言も触れていない。これはいただけない。

かならず、ユーザーが気になるキーワードは、サイトの目立つところに入れるのが過去の経験則上ポイントだ(もちろんスマフォでも)






【あきばれホームページ作成】

ホームページ作成 あきばれホームページ作成
google +があったので、昔、思わずクリックしたことがあるサイトだ。ブランド名もしっているからというのがある。

TOPには、中小企業・個人事業主向けホームページ作成と書かれている。
マーケティングの基本として、「対象者」「対象範囲」「金額」「他との比較」は、非常に重要だ

ヤフーで見た時に見当たらなかった。・・・・そういえば、過去アクセスしたことがあるから、パーソナライズが働いているのかも。

今、検索で出てこず気になる人へ:あきばれホームページ作成はこちらhttp://www.akibare-hp.jp/




【12600円でホームページ作成してくれる業者】

ホームページ作成 業界初!Yahoo 20位以内保証が付いたITPARKのホームページ制作代行プラン
ちょっとホームページが重たかった。


5秒たっても、最後まで見れず・・・。
過去のデータによると、重いことによる直帰率が高いと言われている。ユーザーは待ってくれない。
こんな時は、googleのスピードチェックツールを使おう。


 google PC スピードチェックツール:http://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/
 モバイルの場合は、1秒以内に表示しよう。※google公式(英語版)https://developers.google.com/speed/docs/insights/mobile







そういえば、何サイトか、比較サイトも2社ある。

そのうち、「150社」と数字があったほうをクリックしてしまった。





【ホームページ制作.jp】

ホームページ制作 全国から比較&選べるホームページ制作.jpへ
ホームページ比較業者はこの2社(上述+α)が争っているのだろうか。
リスティングにどんどん投資しているはずだ。

確かに、ホームページは、「地場の企業 or 全国対応可能な企業」かつ「制作実績がある企業」頼んだほうが融通が利く可能性がある。



先ほども述べたとおり、ホームページ作成業界は、「情報の非対称性」が非常に高いので、
そういった意味で、比較サイトは必要な業種だと思われる。

ただ、モラルは問われるだろう。



【ジーニアスウェブ】

中小企業の味方、ジーニアスウェブ。
先輩が運営している会社です。

あなたの会社のホームページに新規客を。ジーニアスウェブ公式HP


http://www.genius-web.co.jp/


adsense でホームページ作成で広告出稿している業者
これは広告ですが、出向しているホームページ作成業者がわかります。
※リワード広告もあるので、ホームページ作成とことなる広告が出る可能性があります。





現状、情報の非対称性が高い業界(新卒採用)にも足を突っ込んでいるのですが、
やはり、不透明な業界・情報の非対称性が高い業界においては、「コンシェルジュとしての役割に徹底的にふった」と、「結果を残せる実績作りをしてきた会社」のどちらかしか残らないだろうと思っております。



実際に、ホームページ比較サイトをつくってみたら面白いかもしれない。

Related posts:

  1. 現状の携帯電話に関する忘却事項まとめ
  2. 経営に必要なスキルとか、成功要因とか
  3. (google mobile + yahoo mobile)÷2
  4. google(グーグル)とyahoo(ヤフー)の提携について<モバイルの話>
  5. SES 2day wordpressの効果的な使い方:wordpress Power to the People!

One Response to “ホームページ作成の業者比較(更新)”

  • 匿名 より:

    ホームページ作成業者は、値段があってないような会社が多い気がしてます。

    実際に、1万円とかいている企業で、追加で20ページお願いした時に、月1万円がドカーンと上がった記憶があります。

    年間のコストや運用コストから考えたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

アーカイブ

twitter

Google+