soejiman blog | 売上を上げる為のインバウンドマーケティングまとめ

サイトUXUI(SEO),メールマーケティング.ソーシャル


ソーシャルで新規獲得は出来るのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今、とあるサービスの改善とビジネス開発をしている中で感じたことをメモ。

新規ユーザー獲得が出来、アクティブユーザーになる条件として、
以下要件をみたす運用が最低必須だと感じた。


<必須要件>
 ・個々の顧客の課題に沿っている「企画やコンテンツ」
 ・接触頻度を高める「メールマーケティング」
 ・社会的証明の獲得

<簡単に図で表すと以下>
infomation-wave

つい前日、https://www.facebook.com/takiihidenori さんが、以下のようにfacebookで呟かれているのをみて、
そうなんだよなとおもった。
===========================================================================
ランディングページに書いてあることはほとんど読まずに購入する割には、その後に送られるメールに書かれたことはしげしげとよく読む。
最近よく起こる現象。
メールマーケティングが死なない理由はやはり、いまだにメールというコミュニケーションツールが「テキストのみ」がほとんどだから、文字がよく読まれる→意図がきちんと伝わるということなんだと思う。

そういうわけで、広告→ランディングページ→購入→メール販促、という流れはいまでも必須なのかな、と。
===========================================================================


今日とある記事で、ソーシャルは広めるのでなくあくまで「そのコンテンツを深める」と書いていて
まさにそうだなと思った次第です。

その道のプロなら、そもそも、“あぁ、この人プロだなぁ”といわれるコンテンツを公開しろって話ですよね。


どうやら、あくまでリレーションの一環として、facebook等は使えると思いますが、
新たなユーザへの認知形成が、各段に広がるわけではないようです。

ユーザ増やしかたですが、「受け皿のサイト改善+コンテンツ改善+メールマーケティング」からの、
既存ユーザからの新規ユーザー紹介に尽きると思うんですよね。

ビジネスも一緒ですよね。。。


参考)growth hackというものが最近アメリカで叫ばれているので、参考になりそうなURLを列挙。
 http://growthhacker.jp/post/34056815765
 http://growthhackersconference.com/
 http://jp.techcrunch.com/2012/11/15/20120907defining-a-growth-hacker-5-ways-growth-hackers-changed-marketing/
 

今日はこんなところで。






No related posts.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

アーカイブ

twitter

Google+