soejiman blog | 売上を上げる為のインバウンドマーケティングまとめ

サイトUXUI(SEO),メールマーケティング.ソーシャル


このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスログの収集スクリプトを創ろうということで、javascriptで作成してみた。




これが僕のGA。

■課題
・jsが動くブラウザでないと、計測しない。
※9割型がjsが動く模様。

■取得対象データを整備
・ブラウザ名とOSのバージョン・ユーザーエージェント
・画面のサイズ、有効サイズ(ブラウザのウインドウサイズ)
・色数
・ブラウザの履歴情報


■以下サンプル

Posted in 日々の出来事 | No Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加

出来る人とできない人の備忘録
チャンスを自分で見出して、自分のリスクで飛び込むという習性があるようだ。
言い換えれば、「柔軟で意思の強い人」、といったところか。

この「自分のリスクで飛び込むという習性」を、分解してみる。

・過去の成功体験がある、根拠のない自信
・過去と今を比較するのでなく、
 現在手元にある、複数のオプションから選択をしようと出来る人。
かと思う。

またとある人のFBに以下が投稿されていた。
成程と思う。

学生時代に、勉強・スポーツ・文化系部活のいずれかを
収めた(結果を出した)人間は社会に出ても活躍するし、
成長していく。
また、学生時代か社会人生活の中で大きな挫折を経験し、
そこから立ち上がた人間は一皮むけていて人を魅了する力を持つ。
これらのいずれをも持ち合わせてない人間は、
ココ一番で踏ん張りが効かないし妥協する。

Posted in 日々の出来事 | No Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加

真剣にゴルフをとりくもうと思い。
折角なので、検索行動をまとめてみた。

体 小さい ゴルファーとまず、しらべた。
当事者だからだ。

一位のヤフー知恵袋みて、『初速×スピン量×打ち出し角度』ということをしった、。
もっともなんだが、もやっとする

三位のアメブロは、読みづらく頭に入ってこない。
どうやら、捻りがポイントということがわかった。

五位のサイトは、タイトルに惹かれたが、読み込めず。

十位の日経のサイトは、以下のキャッチフレーズからスタートした。

わかりやすい教え方で人気のインストラクター、
北野プロとラウンドすると、いつもそう思わせられる。
身長168センチ、体重62キロ。筋骨隆々でもなく、どちらかといえばすらりとした体形だ


自分とおなじである。
なるほど。と思える記事だ。

Screenshot_2014-11-27-23-21-02
ふむふむ、と思いつつ検索結果にもどり、関連検索を見ると、

小さいプロゴルファー』とでている。思わずクリック。

検索結果をみて、三位のサイトにめがとまった。

読み進めると、
158センチのプロ、上平栄道とある。
だれだこりゃ?と。

日本中のおじさんゴルファーに元気を与えるような選手です。大ファンになりました。ドライバーショットの平均飛距離も268.95ヤードで、115位。ツアープロの中では下から6番目。決して飛びません。
(中略)
フェアウェイキープ率62.59%の9位と1打目のドライバーが非常に安定している。70位で52.71%の石川遼とは10%の開きがある。ゴルフはドライバーの1打目の飛距離ではないということ。正確性が非常に大事なスポーツ。また他スポーツと比べてプレーしている時間よりも待ち時間や歩く時間の方が多い異種の競技。
年齢は34歳。普通の競技なら大ベテランだが、ゴルフでは中堅世代。経験と技術とメンタルが非常に安定する最盛期。今後に期待できる選手で、応援したいです^^

そうか。『正確性 ※ねらった所にまっすぐいく事こそ、ポイントか。

やはりそうか。と理解した。

あれ、始め検索したときに、『初速×スピン量×打ち出し角度』とでてたな。
しかし、初速早くなればなるほど、ブレルきがする。
そのとき、『スピン量ってコントロールできるの?』

となったのだ。
ゴルフ スピン量 減らす』と調べた。

二位のサイトに、スピン量がわかりやすくのっていた。
どうやら、ミート率がポイントで、とらえる位置により、かわってしまう。か。

では、安定して当てるための方法が重要なはず、と思ったのだ。

振り子は小さい方がぶれないはず、とおもい、

『小さい 振り方 ゴルフ 練習
と調べると、以下のサイトに引き込まれた。

http://news.golfdigest.co.jp/news/wgd/article/39938/1/

なるほど。。と思える記事が満載で、
このゴルフダイジェストオンラインには、フォーム動画がある。
思わずみいってしまい、アプリをダウンロードした。

おしまい。

※導線って、こういうことなんだよね。

Posted in 日々の出来事 | No Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年7月号のハーバードビジネスレビューの特集に「良い価格悪い価格」が組まれていた。

割引で失った価値は「簡単には取り戻せない」という標題の下、ピザ屋のケーススタディーが書かれていた。
「要は、不況にうんざりしている消費者相手に安売りしたところ、景気が上がってもその波に載れなかった」ということである。

一つのアプローチとして、「適応型プライシング」という戦略をとれるとのこと。
適応型プライシングをポイントをかいつまんでいくと、
・「バージョニング(基本・高級・最高級)」のようにレベルを引き付ける方法
・「保証プログラム」 (ファイナンス的アプローチ:家電良品で総額999ドル以上の買い物は利息ゼロ。999ドルは通常の平均購買金額以上ということに注意されたい。)

値付け問題は、マーケター部類の人種にとって、頭の痛い問題になりつつあると、筆者は思う。

リアルビジネスだと、川を挟んで値段が異なるということが暫し起きるが、
ソーシャルメディアないし、インターネットというものの隆盛により、値段が一度に流布される。顧客が、簡単に入手できる。
競合も手に入り、直ぐに価格競争をお行うことが出来る。

突き詰めれば、サービスの付加価値及び「利用へのキャズム」をどう乗り越えるか?が非常に重要な世界になってくる。

今日はここまで。

Posted in 個人ブログ, 日々の出来事 | No Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツマーケティングについて、まとめてみようと思います。


※基本的に読みづらいかもしれませんが、
 参考になることが書かれていると思います。


【今のお仕事】
雑多に沢山のサイトを運営していた過去の自分とおさらばし、
ここ2年の主なワークとしては、以下に焦点を絞って仕事をしている次第でございます。

・数種類のサイトに絞って、「トラフィック改善」を行っていた。
・「最近話題のインバウンドマーケティング的」な仕事(CRM的な事)を行っていた。
・継続的な価値を生み出すサイト構成と運営体制を構築を行っていた。


【言いたい結論】

先に言っておきますが、インバウンドマーケティングとか、ビッグデータとか言いますが、
いろんなキーワードでてきていますが、同様に、

「だれが、いつどう解析し、アクションするか」によって、最終的な利益貢献が全く異なる。

という結論に行きつきました。笑


あくまで、マーケティングは部分解なんですね。
運用を組織化するところこそ、利潤の最大化はあるようです。。。。


部分解ですが、以下まとめてみた事項です。

(さらに…)

Posted in インバウンドマーケティング, コンテンツマーケティング | No Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ1年の「グーグルSEO」で、変わったことがある。
“コンテンツ関連”のページが上に行ってたりするケースが散見される。

例えば、「インプラント」というビックキーワードにおいて、
j-castのコンテンツ記事が入っていたりするので、
今日はそのケースを元に読み解いてみる。
(さらに…)

Posted in PC SEO関連, グーグルSEO(googleSEO), グーグル(google) mobile関連, スマートフォンSEO, 日々の出来事 | No Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加

台風ですね。
最近SEO関連にも、会社ALLで力を入れ始めているので久々にサイト構造を見直したり、
GRCを回した過去との差分を見始めている
そんな中、気づいたSEOに関する過去との違いについてメモ。

1:SEO界隈で、いわゆるアフィリエイト業者といわれるサイトは、ビックキーワードから排除されてきている。

例)2010年ごろに「キャッシング」と調べたころはこんなサイトが乱立していた。
キャッシングアフィリエイト1

キャッシングアフィリエイト2

キャッシングアフィリエイト3

キャッシングアフィリエイト4

いずれも、5位~15位前後にいたサイトであるが、2012年の2月ペンギンアップデートあたりから急落していっているのである。

おそらく、「SEOPLINKのようなディレクトリサイト」や「クロスレコメンド」のようなサイトに登録&よくあるバックリンクサイトを構築していたと思われる。

(さらに…)

Posted in PC SEO関連, グーグルSEO(googleSEO), スマートフォンSEO | No Comments

このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOに強いホームページと唄う作成業者は、五万といるようで、
色々調査を兼ねて調べてみました。
※最終更新10月12日


そもそも、WEBで、情報発信をしようとした場合、ホームページはユーザー認知(特に、新規ユーザー確保)としてなくてはならないもので、
私は、「コンテンツがステーブル」とは限らない、facebookページやtwitterが何か代用できるか?という問いには非常に懐疑的なスタンスです。

※タイムリーな話題等に関しては、有効な一手段をして成立すると思う。
※前提のない情報を配信するには、タイムライン型ではなく、ストック型である程度静的コンテンツである必要があるのだと思う。



特にこのホームページ作成業界を調べていると、以下の3点に行きつきます。

 1:契約期間が長い
   5年契約等もあるようです。契約でなくて、リース契約なので、支払わないといけません。

 2:アウトプットが不明瞭
   アプトプットが不明瞭なビジネスは、成果を図りづらく、ページの更新で○円とあったときに、どこまでの更新で○円なのか。
   一つ一つの作業を金額に落とし込みにくいです。

 3:依頼側がプロマネできない or 素人
   何をどれくらいすれば、○円位かかるのかが不明瞭な世界です。
   また成果で測れない部分も非常におおいと思われます。


突き詰めると、ホームページ作成業界は、情報の非対称性が非常に強い業界なんですね。

情報が非対称一例(from大和証券) ※金融も同じ減少がおきてます。大和証券のHPより抜粋

(さらに…)

Posted in ホームページ作成, 日々の出来事 | 1 Comment

アーカイブ

twitter

Google+